雪印乳:国内ワイン子会社を売却へ、売り上げ不振-海外合弁も見直し

雪印乳業が国内ワイン事業を売却す る方針だ。本体の乳製品事業への絞り込みを目指す再建計画の一環で、また2000 年6月の食中毒事件以降、ワイン売り上げが伸び悩んでいるのに対応した。同 時に輸入ワインでは仏社との海外の合弁会社について、持ち株比率の引き下げ を検討している。雪印の広報担当者が28日、ブルームバーグ・ニュースに明ら かにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。