米国株【個別銘柄】:アデルフィア、シエナ、JDエドワーズ、GE

23日の主な銘柄は以下の通り。

アデルフィア(ADLAE):3.08ドル(54%)安の2.62ドル。米ケーブルテレ ビ(CATV)6位のアデルフィア・コミュニケーションズの創業者、リガス一族は、 経営権を譲渡し10億ドル(約1250億円)余りの資産を同社に移すことに合意した。 同社株は、ナスダック(店頭市場)での取引が5月14日以来停止されていた。

J.D.エドワーズ(JDEC):1.49ドル(14%)高の11.98ドル。ビジネス管 理ソフトのJ.D.エドワーズの第2四半期(2-4月)決算は、一部経費を除いた1 株利益が6セントと、調査会社トムソン・ファースト・コールがまとめたアナリスト 予想平均の同4セントを上回った。

ウィリアムズ・ソノマ(WSM):3.09ドル(11%)高の32.12ドル。家庭用品 販売のウィリアムズ・ソノマは、値引きを減らしたことと経費削減が奏効し、第1四 半期(2-4月)の利益が前年同期の31倍に急増した。第2四半期(5-7月)と通 期(2003年1月期末)の利益見通しも上方修正した。

アプライド・フィルムズ(AFCO):2.05ドル(10%)安の18.40ドル。ウェ ルズ・ファーゴ証券のアナリスト、クロスリー氏は、平面ディスプレーのアプライド・ フィルムズの投資判断を「バイ(買い推奨)」から「マーケット・パフォーム(市場平 均並み)」に引き下げた。

キャタパルト・コミュニケーションズ(CATT):3.51ドル(15%)安の19.50 ドル。パシフィック・グロース・エクイティーズのアナリスト、ノエル氏はリポート で、ソフトウエア・メーカーのキャタパルト・コミュニケーションズの第3四半期(4 -6月)と第4四半期(7-9月)の売上高の伸びは「比較的控えめ」との見通しを 示した。

シエナ(CIEN):36セント(5.6%)安の6.08ドル。光通信機器メーカーの シエナは、第2四半期(2-4月)の赤字幅が1株当たり1.86ドル(前年同期は同 17セント)に拡大したと発表した。売上高は前年同期比80%減の8710万ドルだった。

プライスライン・ドット・コム(PCLN):40セント(10%)安の4.33ドル。 航空券などの競売サイトを運営するプライスラインは、今四半期の売上高は最高3億 5000万ドル、一部経費を除いた1株利益は3-5セントとの見通しをあらためて示し た。

シエラ・パシフィック・リソーシズ(SRP):71セント(11%)安の7.08 ドル。シエラ・パシフィック傘下のネバダ州電力大手、ネバダ・パワーは、暫定 的に11%の料金引き上げが認められた。値上げにより6月に見込んでいる1600 万ドルの増収は、過去に購入した電力の代金支払いに充てる。

ゼネラル・エレクトリック(GE):1.03ドル(3.2%)高の32.95ドル。総 合電機のゼネラル・エレクトリック(GE)は、銀行団から当初予定よりも30億ド ル多い180億ドルの融資枠を確保した。

アムジェン(AMGN):3.27ドル(6.6%)高の52.70ドル。米医薬品大手バ イオジェン(BGEN)の乾癬(かんせん)治療薬の試薬が米食品医薬品局(F DA)の認可を受けたことで、最大手のアムジェンをはじめバイオテクノロジー 株が上昇した。バイオジェンの取引はFDAの審査中、停止されている。

Eベイ(EBAY):3.43ドル(6.2%)高の58.68ドル。インターネット検 索最大手の米ヤフーは、欧州6カ国で競売サイトを閉鎖し、Eベイの競売サイト の販促に協力すると発表した。ヤフー(YHOO)は82セント(5%)高の17.09 ドル。

プリンストン -Geoffrey Smith、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net   Editor : Tabuchi

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE