雪印乳:全農・伊藤忠などが100億円出資、農中など500億円支援(5)

経営再建中の雪印乳業は23日、全国 農業協同組合連合会(全農)や伊藤忠商事などによる100億円の増資引き受け、 農林中央金庫をはじめとする金融機関への500億円の金融支援要請を柱とする 再建策を発表した。財務体質を強化したうえで、乳食品(チーズ、バターやマ ーガリン)事業に軸足を置いて企業再生を目指す。新社長には6月の株主総会 後に高野瀬忠明・執行役員が就任する予定。

会見に出席した西紘平社長は「グループ全体が存続の危機にあるのは事実」 と述べたうえで、まとめた再建計画は「高い収益性や価値のあるブランド集団 に生まれ変わるためのもの」と強調した。

増資100億円は、全農(予定50億円)と伊藤忠商事(同30億円)が前向 きな姿勢を示し、雪印乳はアサヒビールなど他の複数のメーカーにも検討を依 頼している。金融支援500億円は、債権放棄300億円、債務の株式化(デット・ エクイティ・スワップ)200億円。これに対しては農林中金が前向きな姿勢を示 しているほか、UFJ銀行やみずほコーポレート銀行も対応する見込み。

雪印乳はこれに先立ち278億円の資本金を5億円に減資、損失の一部穴埋 めに充てる。同時に2株を1株に株式併合する。減資と増資(内容が固まって いない債務の株式化を除く)により全農が筆頭株主に、農中が2位、伊藤忠が 3位の株主になる。

増資と金融支援は2003年3月期中に実施する意向。増資と債務株式化の計 300億円で資本金・資本準備金を305億円に回復させ、減資と債権放棄による 573億円で838億円の欠損金を265億円に減らす。

牛乳事業、来年1月に全農・全酪連と合弁

主力の市乳(牛乳)事業は全農、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)と の合弁に切り替え、2003年1月に新会社(資本金約150億円、筆頭株主は全農) を設立する方向。生産拠点については雪印乳で11工場を保有しているが、「全 農などと合わせて全国的に生産性の高い工場の体制にする」(竹内良種専務)と して統廃合を検討している。また、雪印ブランド牛乳は「現在、信頼を失って いるが、再建を進める中で信頼してもらえるブランドとして続けていきたい」 (同)としている。

すでに医薬品事業は大塚製薬グループと、アイスクリーム事業はロッテと 提携することを表明している。雪印乳本体は乳食品事業で自立を目指す。

従業員については4月1日時点の5000人を1年後には1500人まで削減す る。うち1300人の削減については9月末までに希望退職の募集を実施する。

雪印アクセス、伊藤忠25%保有へ

雪印乳業が51%を保有している食品卸の雪印アクセス株については、伊藤 忠商事などに今上期中にも売却する方針だ。伊藤忠はすでにアクセス株10%を 保有しているが、「最終的には伊藤忠が25%程度を保有する」(西紘平社長)こ とを前提に協議を進めている。このほか「丸紅への打診もしている」(同社長)。 これによりアクセスは雪印乳業の連結対象外となる予定。

現役員ら退陣後も経営をサポート

西社長はじめ、現役員8人が6月の株主総会で総退陣することが決まって いるが、「新しい経営体制が計画を運営していくうえで、(旧経営陣が)顧問や 嘱託としてサポートしていく」(西社長)という。

新社長には、社内から高野瀬・執行役員が昇格。同時にメーンバンクの農 林中央金庫出身で現在は、全国農業協同組合中央会の篠塚勝夫・常務理事を副 社長として迎えるほか、高原憲一・本店参与も取締役に就任する予定。新経営 陣は9人でそのうち2人が農林中金から迎えることになる。

前期717億円赤字、今期も230億円の赤字予想

雪印乳がこの日発表した2002年3月期決算は連結純損益が717億円の赤字 (従来予想は714億円の赤字)に陥った。牛肉偽装事件を起こした子会社雪印 食品(4月30日に会社解散)の収益が大きく落ち込んだうえ、雪印乳自身の収 益も悪化した。

2003年3月期については、雪印アクセスが連結対象から外れることや4月 に解散した雪印食品の売上高がなくなることなどで、連結売上高は前期比

47.1%減の6160億円を見込んでいる。経常損益は250億円の赤字、純損益は230 億円の赤字を予想している。同期の特別損失は750億円を計上する一方で650 億円の特別利益を計上する。特別利益のうち約半分が金融機関による債務免除 益という。

単体の決算は2002年3月期の当期損益が714億円の赤字に陥り、2003年3 月期は160億円の赤字になる見込み。2004年3月期の当期損益は35億円の黒字 を予想しており、再建策の実行により2006年3月期での未処理損失一掃、2007 年3月期での復配を予想している。

再建計画では、本体を乳製品に絞り込む方針だが、西社長は「現在、乳製 品は昨年4-5月と比較して8割程度回復しており、思ったより回復が早い」 と自信を見せた。

有利子負債(単体)については2002年3月期の1814億円を、2003年3月 末には950億円まで減少させる。

シグナ・インターナショナル・インベストメント・アドバイザーズの村山 信明ポートフォリオマネジャーは「外資との資本提携という話もあったが、農 水省によりそれを破棄するようないきさつがあったことを考えると、(全農の傘 下に入ることで)古い日本の体質が残るとの見方ができる」語った。

【雪印乳の決算一覧】(単位百万円、当期2002年3月期、次期2003年3月期)
                売上高   営業利益   経常利益   当期利益    1株利益
当期実績     1,164,715    -36,199    -35,258    -71,741    -221.34
前期実績     1,140,763    -56,122    -58,938    -52,925    -163.28
当期/前期        2.1%      35.5%      40.2%     -35.6%     -35.6%
当期会社予想 1,156,100               -39,300    -71,400

当期下半期     543,194    -20,694    -20,083    -58,086    -179.21
次期予想       616,000               -25,000    -23,000     -71.00
次期/当期      -47.1%                 29.1%      67.9%      67.9%

●高野瀬忠明(こうのせ・ただあき)1946年生まれ、70年宮崎大学農学部卒業、 雪印乳業入社。2000年育児品営業部部長、2001年執行役員育児品事業部長、2002 年6月社長就任予定

雪印乳の株価終値は、前日比2円(1.45%)高の140円。

東京 堤 紀子 Noriko Tsutsumi

上野 英治郎 Eijiro Ueno

菅 磨澄 Masumi Suga --* 03-3201-8950 ntsutsumi@bloomberg.net Editor : Hinoki

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE