メリル、NY当局と和解、1億ドル罰金支払いへ-利益相反問題(2)

米証券大手メリルリンチは 21日、証券アナリストの利益相反問題で、法的責任は認めないまま、ニューヨ ーク州司法当局と和解に達したと発表した。和解の条件として、同社は1億ド ル(約125億円)の罰金を支払うとともに、アナリストの報酬の基準を投資情 報サービスに絞り、投資銀行業務から完全に分離するなどの措置を講じる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。