米国株時間外取引:JNI急落、ナスダック100小幅安-先物上昇

20日の米株式市場時間外取 引では、ネットワーク機器メーカーのJNIの下げが目立つ。ワディングトン 最高経営責任者(CEO)が昨年の売上高を水増し報告したとして引責辞任に追 い込まれたのが嫌気された。株価はニューヨーク時間午後4時(日本時間21日 午前5時)の通常取引終値(5.37ドル)から一時4.70ドルまで下げた。

ナスダック100種は通常取引終値に比べ1.09ポイント安の1291.12ポイン ト。出来高は約3000万株と、17日の5600万株を下回った(ナスダック調べ)。 出来高上位には、通信関連サービスのアプライド・テジタル・ソリューション ズ(15セント安の1.02ドル、売買高166万株)やコンサルティング会社のサピ エント(変わらずの2.09ドル、売買高103万株)が並んだ。

ソフトウエアメーカーのピープルソフトは68セント安の21.16ドルと、通 常取引から下げ幅を拡大。米証券取引委員会(SEC)は、ピープルソフトの 1994年から2000年の財務報告書は、業務提携していたアーンスト・アンド・ヤ ング(E&Y)による監査であったため、監査の独立性規則に違反すると指摘 した。

指数先物は高く、21日の米株式相場が上昇する可能性を示唆している。S &P500種株価指数先物(6月限)は0.50ポイント高の1094.00ポイント。ナ スダック100種指数先物(同)は1.50ポイント高の1300。

ロサンゼルス  Edvard Pettersson 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo、 --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net   Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE