米国株【個別銘柄】:ダイナジー、タイコ、ワールドコム、ハイテク株

20日の主な銘柄は以下の通り。

ダイナジー(DYN):1.58ドル(23%)高の8.60ドル。エネルギー会社の ダイナジーは、資産売却と融資により10億ドル(約1250億円)を調達する計画 を発表した。手元流動性の確保を目指す。

フィニーサー(FNSR):97セント(24%)安の3.09ドル。J.P.モル ガン証券のアナリスト、ウィルホイト氏は、光ファイバー機器メーカーのフィニ ーサーの投資判断を長期的「買い」から「マーケット・パフォーム(市場平均並み)」 に引き下げた。

タイコ・インターナショナル(TYC):1.55ドル(7.1%)高の23.30ドル。 複合企業のタイコ・インターナショナルは、金融部門CITを6月30日までに分 離する計画が円滑に進むとの見方や、同社の会計処理には問題がないとの安心感 が投資家の間で広がった。

ワールドコム(WCOM):14セント(10%)高の1.49ドル。英紙フィナン シャル・タイムズは、長距離電話のワールドコム(WCOM)が15億ドル(約 1900億円)の借り入れ計画で銀行と合意したと報じた。

イムクローン・システムズ(IMCL):2.29ドル(17%)安の11.12ドル。 製薬のイムクローン・システムズは、同社が開発した抗がん剤「Erbitux」が、頭 部とけい部のがんに対して効果がないとの研究結果が明らかになった。同薬は既 に、結腸がんの治療薬としての認可申請を当局に却下されている。

リバーストーン・ネットワークス(RSTN):45セント(10%)安の3.87 ドル。ロバートソン・スティーブンスのアナリスト、ジョンソン氏は、インター ネット用インフラ機器メーカーのリバーストーン・ネットワークスの投資判断を 「強い買い」から「買い」に引き下げた。

スーパージェン(SUPG):52セント(13%)高の4.57ドル。抗がん剤開 発のスーパージェンは、同社製品「Orathecin」の臨床試験で45%の胃がん患者 の腫瘍(しゅよう)が縮小した発表した。

ハイテク株:メリルリンチの米国担当チーフストラテジスト、バーンスタイ ン氏は、先週の上昇を受け、同社のブローカーに対し顧客にコンピューター関連 株の売却をアドバイスするよう指示した。パソコンソフト最大手のマイクロソフ ト(MSFT)2.02セント(3.6%)安の54.01ドル。半導体最大手のインテル (INTC)は1.01ドル(3.2%)安の30.19ドル。通信機器最大手のシスコシ ステムズ(CSCO)は67セント(3.9%)安の16.58ドル。

ピープルソフト(PSFT):1.85ドル(7.8%)安の21.84ドル。英ロイタ ー通信は、法人向けソフトウエア開発のピープルソフトのデュボイス執行副社長 が、依然として需要回復がみらないと語ったと報じた。シーベル・システムズ(S EBL)やBEAシステムズ(BEAS)など他のソフトウエア会社もつれ安。

コンピューター・アソシエーツ・インターナショナル(CA):36セント (2.1%)安の17.20ドル。米紙ウォールストリート・ジャーナルは、米司法省と 米証券取引委員会(SEC)はソフトウエア会社のコンピューター・アソシエー ツ・インターナショナルが5億ドル以上の売上高を不正に計上した可能性を調査 していると報じた

プリンストン David Russell、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE