大和ハウス社長:今年度中にリストラにめど-単体有利子負債ゼロに

住宅大手、大和ハウス工業の樋口武男 社長は20日の2002年3月期決算会見で、値下がりした土地などの不良資産を 今年度中に処理するほか、グループ会社49社を30数社に統合することなどで 「2003年度から飛躍への歩みができる体制を構築する」方針を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。