中国銀行、7月の香港部門IPOで株式25%売却へ

中国の4大国有商業銀行の一角、中 国銀行は、香港部門の中国銀行(香港)の新規株式公開(IPO)で25%の株 式を海外投資家に売却する計画を今週、香港証券取引所に申請する見通しだ。 IPOに関与する銀行担当者が16日明らかにした。

中国銀行(香港)のIPOは7月に実施の予定で、IPOの規模について 最終決定はしていない。同行はニューヨーク支店などでの不正融資疑惑で米国 上場計画を延期しており、関係者が先月明らかにしたところでは、資金調達額 は20億ドル(約2650億円)-30億ドルと、当初計画の半分未満になる見通し。

中国銀行(香港)のIPOは香港でことし最大の規模となる可能性があり、 中国の国営銀行に対する海外投資家の投資意欲を計るうえでも注目されそうだ。 ただ同行は、4月に米会計事務所アーサー・アンダーセンンとの監査契約を解 除して監査法人を変更したのに伴い、決算発表を2カ月延期しているため、財 務内容を確認するまで同行のIPOに慎重な姿勢の投資家も多いとみられる。

IPOの幹事会社は、米ゴールドマン・サックス、UBSウォーバーグ、 BOCインターナショナル。

香港  Cathy Chan 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net      Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE