アナリスト利益相反問題:米メリルに28件の株主訴訟-裁判所資料

証券アナリストの利益相反 問題でニューヨーク州のスピッツァー司法長官の捜査を受けている米大手証券 メリルリンチが、28件の株主訴訟で被告に挙げられていることが、裁判所の資 料で15日までに分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。