日本株【個別銘柄】:日産自、ダイハツ、コナミ、ローム、東海カボン

10日の主な銘柄は次の通り。

日産自動車(7201):3円(0.3%)高の988円と4日続伸。一時21円(2.1%) 高の1006円まで上昇し、1日以来5営業日ぶりに1000円台を回復した。9日 に発表した2002年3月期の業績暫定値は、市場予想を大きく上回るもので、こ れを好感した買いが集まった。売買高は約3603万株、売買代金約360億円で、 ともに全市場でトップ。

ダイハツ工業(7262):9円(1.6%)安の551円と2営業日ぶりに反落。 9日発表された2002年3月期の連結決算で減収減益となったことに加え、2003 年3月期の見通しも実質、減収減益になることが売り材料となったようだ。

コナミ(9766):500円(14.3%)安の2980円ストップ安(制限値幅いっぱ いの下落)比例配分で終了。9日に発表した2002年3月通期連結決算が減益だ ったうえ、2003年3月期の会社側計画も強気との見方が広がり、先行き不透明 感が売りを誘った。値下がり率は東証1部でトップ。3000円台を割り込んだの は約1カ月ぶり。

ローム(6963):210円(1.1%)高の1万9300円と3日続伸。前日発表さ れた米国景気指標が市場予想を下回り、米景気の回復力の鈍さが確認され、国 内でも輸出関連のハイテク株などに下落が目立つなか、9日に発表された2003 年3月期業績見通しで順調な利益回復が確認されたことから、買い注文が増加 した。

東海カーボン(5301):18円(7.7%)高の251円と3日続伸し、年初来高 値を更新した。政府が燃料電池の実用化支援のため、保安管理規制などを緩和 するとの一部報道を受け、燃料電池への応用が期待されているナノテクノロジ ー(超微細技術)を保有する企業として、業績拡大が期待された。

住友商事(8053):4円(0.4%)安の818円と反落。業績に対する期待か らこのところ上昇基調を維持していたため、この日はいったん利益を確定させ る動きが先行した。ただ、投資家のまとまった売り物が並んだわけではなく、 出来高も比較的少なかった。

セコム(9735):110円(1.6%)安の6410円と反落。9日に発表された2002 年3月期決算が、前期比73%の減益となったことが嫌気された。

東京スタイル(8112):33円(2.9%)安の1070円と6日続落。取引開始か ら売り注文が先行し一時1050円まで下落、4月10日以来1カ月ぶりの安値を 付けた。実質的な筆頭株主である村上世彰氏(M&Aコンサルティング代表取 締役)との対立が表面化したことで嫌気売りが出た。

日本フィッツ(4836):1万円(1.7%)高の58万9000円と続伸。証券シ ステムコンポーネントの販売好調により、前期に続き今期も大幅増益が見込ま れることから、業績は拡大期に入ったとの見方が強まった。

日本医療事務センター(9652):70円(5.7%)高の1290円と大幅続伸。一 部報道で、2002年3月期の連結営業利益が会社予想を大幅に上回り、2年ぶり に過去最高を更新したもようだと伝えられ、市場予想を大きく上回る改善幅だ ったことから、好業績への期待が高まった。

スターキャット・ケーブルネットワーク(4339):10万円(14.6%)高の 78万5000円と大幅高。ケーブルテレビの新規加入者の伸びなどで前期業績が従 来計画を上回ったため、月々支払われる利用料収入が増加し業績は拡大傾向に あるとの見方が強まった。

コムテック(9657):90円(14.0%)高の730円と大幅高。一部報道で、前 期の連結経常利益が会社予想を上回るうえ、今期についても前期推定比4割増 となる見通しが伝えられ、業績拡大を期待した買いが膨らんだ。

ニチリョク(7578):20円(5.2%)高の400円と反発。一部報道を手がか りに、墓石を中国から直輸入することで粗利益率が改善することなどから、今 期は業績拡大が見込めるとの見方が広がった。

ドリームインキュベータ(4310):ベンチャー企業の支援などを行うドリー ムインキュベータがこの日、東証マザーズに新規上場した。初値は28万円と公 募価格23万円を21%上回った。終値は28万5000円。公募・売り出し株数は 9000株、主幹事はつばさ証券。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

日産自動車 7201 JP <Equity>CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE