米SBC:1-3月期にCPへの依存度が拡大-届出書

米地域通 信2位のSBCコミュニケーションズは第1四半期(1-3月)に、短期債務 への依存度が上昇したことが米証券取引委員会(SEC)への届出書で6日明 らかになった。

それによると、償還期間が9カ月以内のコマーシャルペーパー(CP)残 高は3月に65億8000万ドル(約8350億円)となり、前期比5億3900万ドル 増えた。CPの発行枠も115億ドルに拡大したが、バックアップライン(CP の償還が困難になった場合に備えて設定する短期融資枠)は37億ドルに据え置 かれている。

SBCの広報担当ソロモン氏はCP残高の急増について、投資や自社株買 い戻し、季節的要因によるキャッシュフロー(現金収支)の減少に伴うものだ と説明。CP残高の圧縮やバックアップライン拡大の可能性については論評し なかった。SBCのCPは、償還期間が30日以内のものが約26億ドル。償還 期間平均は約80日となっている。

格付け会社や投資家の間では、企業がCP以外に十分な資金調達手段を持 っているかどうかに注目が集まっている。

プリンストン Dana Cimilluca、 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi、 --*(03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE