日興コーディアル:MMFなど投信約4500億円を6月までに全額償還へ

日興コーディアルグループは、経営破 たんしたエンロンの債券を組み入れて元本割れしたMMF(マネー・マネジメ ント・ファンド)と短期公社債投信(チャンス)について、6月上旬までに約 4500億円を全額繰り上げ償還する。2日の投資家説明会で、金子昌資社長が明 らかにした。

これらの投信の預かり資産残高は、MMFが2002年3月末で約850億円 (2001年3月末は約1兆7300億円)、チャンスが約3700億円(同じく約1兆 4300億円)。エンロン破たんの影響で解約・資金流出が続き、全体の残高は1年 前に比べ85%も減少した。MMFだけでみると、95%も落ち込んだ。MMFの 運用期間は無期限、チャンスの償還期限は2006年中に設定されている。

全額繰り上げ償還が正式に決まったことについて、投資家説明会に参加し たニッセイアセットマネジメントの日向雄士シニア・アナリストは「(エンロン ショックで)日興は顧客の信用を失った」と述べたうえで、「しかし、手数料を 稼げないもの(MMFやチャンスなどの投信)を捨てるということは、日興の 今後にとってはポジティブ」との見方を示した。

チャンスは5月末に、MMFは6月上旬に、それぞれ全額償還される予定。 投信を保有する個人投資家は、MMFだけでも、現時点で少なくとも約40万人 に上る見通し。繰り上げ償還に際しては、投信の保有者に対して、これまでに 異議申し立てをするかどうか意見募集したが、異議が過半数を超えなかったた め、今回の方針が正式に決まった。

同グループの2002年3月期第4四半期(1-3月)決算は、連結純損益が 367億円の赤字だった。最終赤字は3四半期連続。通期でも連結純損益は663億 円の赤字だった。MMFの元本割れによって顧客離れが進み、手数料収入は1976 億円と、前期比で30.5%も減少した。

日興コーディアルグループの2日終値は、前日比3円(0.52%)安の575 円で取引を終了した。

東京 中島 三佳子 Mikako Nakajima

日向 貴彦 Takahiko Hyuga --* 03-3581-2305 mikako@bloomberg.net Editor:Ozawa

企業ニュース:JBN18,NI KIGYO,NI COS

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE