ゴールドマン・サックス:日本での夜間株式取引を5月末で中止(2)

米証券大手のゴールドマン・サックス 証券は、個人投資家向けに展開している日本での夜間株式取引を5月末で中止 する方針を決めた。同社広報担当者のエド・キャナデイ氏とオーランド・カマ ーゴ氏が明らかにした。

同社は昨年1月、個人投資家が夜間に株式取引できるサービス「ムーント レード」を開始。しかし、日本経済の停滞などから、日経平均株価は昨年初頭 の水準に比べ16%下落するなど、低迷が続いている。このため、個人投資家の 利用増が見込めないと判断、サービスを一時中止することにした。

「ムーントレード」は、大手インターネット証券のDLJディレクトSFG 証券、松井証券、イー・トレード証券を通じて、午後5時から午後11時50分 まで個人投資家が夜間株式取引を行えるサービス。300の主要銘柄を対象に、同 社が値付けする仕組みだ。

サービスを一時中止する理由について、広報担当のオーランド氏は「サー ビスを続けるには、現在の株式市場は活気がなさすぎる」と説明している。

同社と競合するクレディ・リヨネ証券、メリルリンチ証券、モルガン・ス タンレー・ディーン・ウィッター証券など外資系証券会社の間では、昨年来、 日本での事業縮小に伴う支店の閉鎖や人員削減などの動きが相次いでいる。

東京 中島三佳子 Mikako Nakajima

ブレット・コール Brett Cole

高井夕起子 Yukiko Takai --* 03-3201-8312 mikako@bloomberg.net Editor:Hinoki

企業別ニュース:JBN18,NI KIGYO,NI COS

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE