4月の登録車販売台数は前年同月比2.7%減-日産自は8カ月ぶり増(2)

日本自動車販売協会連合会(自販連) が1日発表した4月の登録車(排気量660cc超)販売台数は、小型車が伸びた ものの、トラックの販売が4月としては過去最低となったため、前年同月比

2.7%減の26万5454台と、前年実績を8カ月連続で下回るとともに、4年連続 で30万台割れとなった。

登録車の販売台数は、1991年のピーク時だった47万549台に比べ約20万 台ほど下回っており、また1972年の水準だった約26万1000台以来、30年ぶ りの低水準となった。

車種別にみると、乗用車販売合計は、小型乗用車のトヨタ自動車「カロー ラ」、ホンダ「フィット」、日産自動車「マーチ」などが台数を伸ばしたため、 前年同月比6.0%増の21万2189台となった。

ホンダ、4カ月ぶり伸び1ケタ

各社別にみると、今期の国内販売をさらに伸ばす計画のホンダは前年同月 比9.8%増の4万3844台と、26カ月連続で前年実績を上回った。ただ、2001 年12月以来、4カ月ぶりに1ケタの伸びにとどまった。自販連によると、前年 が高い水準にあったためとしている。

日産自は同4.1%増の4万8256台となった。日産自は昨秋以降、連続して 前年同月実績を下回っていたが、新型「マーチ」を投入したことから、ようや く浮上。前年の実績を上回ったのは、2001年8月以来、8カ月ぶり。

トヨタは高級乗用車「クラウン」や「マークⅡ」などセダン系乗用車の販 売が伸び悩み、同4.1%減の11万5093台と、8カ月連続で前年実績を下回っ た。このほか、三菱自動車工業やマツダはそれぞれ21カ月連続、20カ月連続 で前年実績を下回り、4月としては過去最低の販売台数を更新した。

トラックは4月としては過去最低

一方、トラック販売合計は同27.0%減の5万2017台と、自販連が統計を 取り始めた1968年以降、4月としては過去最低だった。自販連情報システム部 の斉藤道郎次長は、「北海道や近畿地区など地方での流通が悪くなっている」と 指摘した。

ただ、2001年11月からトヨタの旧モデル「ライトエース ノア」、「タウン エース」がフルモデルチェンジ(全面改良)し、「ノア」、「BOXY」になった ことに伴い、統計上、それまでの小型トラックから小型乗用車に車種が変更さ れている。

斉藤次長は登録車全体の5月以降の見通しについて、「(販売台数の)増加 要因はなかなか考えられない」として、「(このままの状態だと2002年度は)390 万台行くか行かないか」だという。

軽自動車「モコ」は約3950台の販売

全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表した4月の軽自動車(同660cc 以下)販売台数は、同0.7%増の13万7944台と、前年実績を2カ月ぶりに上 回った。全軽自協によると、日産自が10日に発売した「モコ」の販売は約3950 台となった。各社別にみると、ダイハツ工業、富士重工業を除き、各社が前年 実績を上回った。

【4月の各社別新車販売台数】(台数、前年同月比%)

登録車 軽自動車 合 計 265454(- 2.7) 137944(+ 0.7) ------------------------------------------------------------- トヨタ自動車 115093(- 4.1) ホンダ 43844(+ 9.8) 22411(+ 0.6) 日産自動車 48256(+ 4.1) 3961( --- ) 三菱自動車工業 10400(-27.2) 15106(+ 0.6) マツダ 13129(-19.3) 2891(+ 4.0) スズキ 3235(-13.2) 45411(+ 1.5) ダイハツ工業 1276(-51.7) 37385(- 5.9) 富士重工業 5594(+12.0) 9815(-15.8) 日野自動車 1476(- 8.2) いすゞ自動車 3345(- 7.1) 日産ディーゼル工業 455(-18.9) スマート 280( --- ) 輸入車 19351(+ 3.4) その他 684(-16.2)

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue --* (03) 3201-8960 teinoue@bloomberg.net Editor:Murotani

業界別ニュース:JBN17

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE