米国株【個別銘柄】(26日):ベリサイン、ダイナジー、JDS、AO

26日の主な銘柄は以下の通り。

JDSユニフェーズ(JDSU):50セント(9.9%)安の4.53ドル。光フ ァイバー機器メーカーのJDSユニフェーズの第1四半期(1-3月)決算は 72%減益となった。需要下げ止まりの時期は不明だとの見解も示した。

オーバーチュア・サービシズ(OVER):8.14ドル(32%)高の33.77ドル。 インターネット検索最大手ヤフー(YHOO)は、同業のオーバーチュアとのサ ービス契約を3年間延長した。

ベリサイン(VRSN):8.35ドル(46%)安の9.89ドル。インターネット 用セキュリティ・サービスのベリサインは、第2四半期(4-6月)売上高予想 を下方修正した。

ダイナジー(DYN):4.31ドル(22%)安の14.90ドルと大幅続落。エネ ルギー会社のダイナジーは、第1四半期(1-3月)の赤字決算を発表するとと もに、米証券取引委員会(SEC)の調査後、燃料契約の会計処理に誤りがあっ たことを明らかにした。

ゼネラル・ミルズ(GIS):2.37ドル(5.2%)安の42.93ドル。食品メー カーのゼネラル・ミルズは、売上高の落ち込みと10月に買収したピルズベリー事 業の統合が難航していることを理由に、2002年と2003年の利益予想を下方修正 した。

ウォルト・ディズニー(DIS):90セント(3.6%)安の24.10ドル。UB Sウォーバーグのアナリスト、ディクソン氏は、ウォルト・ディズニーのテレビ 事業ABC放送の視聴率が改善するまで、ディズニー株の買いを止めるよう投資 家に推奨。同社の投資判断を「買い」から「ホールド」に引き下げた。

同氏はメディア大手バイアコム(VIA)の投資判断も「強力な買い推奨」 から「買い」に引き下げ、同社株の向こう1年間の上昇率は20%未満にとどまる との見方を示した。バイアコムは1.63ドル(3.3%)安の48.21ドル。

AOLタイム・ワーナー(AOL):77セント(4.0%)安の18.72ドル。米紙ウ ォールストリート・ジャーナルは、インターネット接続・メディア大手AOLタイム・ ワーナーが、ケーブルテレビ(CATV)部門タイム・ワーナーの少数株式の売り出 しを検討していると報じた。

ゴールドマン・サックス・グループ(GS):1.94ドル(2.5%)高の79.15ドル。 メリルリンチ(MER)のアナリスト、クローシャー氏は、証券大手ゴールドマン・ サックス・グループは個人顧客数が多くないため、アナリストと投資銀行業務の利益 相反問題をめぐる訴訟を回避できる可能性があると指摘、同社株の投資判断を「中立」 から「買い」に引き上げた。

プリンストン Chris Dolmetschほか 東京 守護 清恵    Kiyoe Shugo、 --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net      Editor:Kaimai

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE