大和証券:第4四半期純利益は45%減の127億円-13円から6円に減配

大和証券グループ本社が26日発表し た2002年3月期の第4四半期(1-3月)決算によると、市場の低迷による手 数料の減少で、連結純利益は前年同期比45.3%減の127億円(前年同期の232 億円)だった。年間配当は前年の13円から6円に減配する。

1-3月期の株式相場は、東証の1日平均の売買代金高が前年同期とほぼ 変わらず、第3四半期と比べると10%増の8555億円だった。TOPIX(東証 株価指数)は、2月にバブル崩壊後の最安値を更新したが、政府の相次ぐ空売 り規制強化などが奏効し3月末には昨年12月末比で2.7%上昇し、1060.19ポ イントで年度を締めくくった。

ブルームバーグの調査によると、同社は第4四半期、株式引受けのランキ ングで次いで3位。円建て債では2位。M&A業務では13位だった。

市況の影響を受けにくい財務体質への改善のため、資産運用型の業務に力 を入れているが、一部のMMFが元本割れしたことにより、証券業界全体に対 し不信感が強まり、銀行のペイオフ解禁による追風を十分に受けることができ なかった。このため同社は、2003年3月末のリテール営業資産の目標を当初の 28兆円から16兆円に減額した。

東京 竹内 カンナ Kanna Takeuchi

平野 和 Kazu Hirano

関岡 智美 Tomomi Sekioka --* 03-3201-8969 ktakeuchi@bloomberg.net Editor:Kaimai

参考画面:

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE