米国株【個別銘柄】:タイコ、ダイナジー、アムジェン、コーニング

25日の主な銘柄は以下の通り。

エトナ(AET):5.93ドル(13%)高の49.91ドル。保険のエトナは、ヘ ルスケア事業の第1四半期(1-3月)利益が4470万ドルとなり、前年同期の 7270万ドルの損失から大きく改善したことを明らかにした。のれん代償却費を除 いた同社の1株利益は44セントとなり、調査会社トムソン・ファイナンシャル・ ファースト・コールがまとめたアナリスト予想平均の3セントを上回った。

サイタイク(CYTC):9.07ドル(37%)安の15.73ドル。診断用機器の サイタイクは、顧客の在庫圧縮で2002年の売上高と利益が従来予想を下回るとの 見通しを示した。同社が買収を予定する医療検査機器メーカーのダイジェン(D IGE)は10.96ドル(33%)安の22.37ドル。

ダイナジー(DYN):8.09ドル(30%)安の19.21ドル。エネルギー大手 のダイナジーは、通信部門で3億ドルを償却するとともに、利益見通しを下方修 正した。燃料契約で会計上の誤りがあったことも明らかにした。

シンプレックス・ソリューションズ(SPLX):5.09ドル(41%)高の17.39 ドル。半導体設計ソフトのケイデンス・デザイン・システムズ(CDN)は、同 業のシンプレックス・ソリューションズを株式交換により3億ドルで買収するこ とで同社と合意した。

タイコ・インターナショナル(TYC):5.15ドル(20%)安の20.75ドル。 複合製造業のタイコ・インターナショナルのコズロウスキ最高経営責任者(CE O)は、事業分割計画を中止した。株主に410億ドルの損失をもたらした同氏の 計画は誤りであったことも認めた。

ワールドコム・MCIグループ(MCIT):50セント(12%)高の4.73ド ル。長距離通信のワールドコム(WCOM)のエバース最高経営責任者(CEO) は、長距離電話部門MCIグループが年末までに支払う配当の利回りは50.8%に なろうと述べた。

アムジェン(AMGN):終値は55.20ドル。時間外取引では一時56.90ドル に上昇。バイオテクノロジー大手のアムジェンは、ことしの製品販売は前年比 20%増となる見通しを示した。従来は10%台後半の伸びを予測していた。

コーニング(GLW):終値は23セント(3.5%)高の6.83ドル。米格付け 会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、光ファイバー・ケーブルの コーニングの格付けを投資適格級で最低の「BBB-」と、これまでの「BBB」 から引き下げた。業績は来年まで大きくは回復しないとの見方から、格付け見通 しをネガティブとした。

ベリサイン(VRSN):終値は18.24ドル。時間外取引では一時15.50ドル に下落。インターネット用セキュリティのベリサインが25日の取引終了後に発表 した第1四半期(1-3月)決算は、総収入が3億2780万ドルとなり、ファース ト・コールがまとめたアナリスト予想の3億4260万ドルを下回った。

プリンストン Chris Dolmetschほか 東京 守護 清恵    Kiyoe Shugo、 --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net      Editor: Tabuchi

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE