米タイコ:4社分割案は「誤り」と撤回-7100人の削減なども発表

米複合大手タイコ・インターナショナルは25日声明を発表し、同社を4つの独 立した企業に分割する案を撤回することを明らかにした。同社はことし1月、 透明性の高い会計処理を求める株主の要望にこたえるため、警備システム・電 子部品、保健器具、防火・流体制御、金融サービスの4社に分割する方針を示 していた。

コズロウスキー最高経営責任者(CEO)は声明で「(社の分割案は)誤り だった」とし、その理由として「途方もないほどにもろい市場心理」を読み違 えていたためと説明した。

同社は、プラスチック、電子部品、保健器具部門などは維持し、金融部門 のCITグループは株式公開を通じて売却する意向。ただCITについては、 引き続き買い手の候補者との間で交渉を継続中とも述べている。

同社はまた、従業員7100人の削減と24カ所の施設の閉鎖、さらに海底通 信網の評価損として24億ドルを計上する方針も表明。通年の業績見通しについ ても、1株利益を2.60-2.70ドルとした。調査会社トムソン・ファイナンシャ ル・ファースト・コールがまとめたアナリスト調査では同3.17ドルの利益が見 込まれていた。

ニューヨーク Rachel Layne、 東京 角田 正美 Masami Kakuta、 --* (03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net    Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE