スイスのABB:1-3月期は1.7%減益-リストラ費用と減収響く

欧州最大の電機エンジニアリン グ会社、スイスのABBが24日発表した第1四半期(1-3月)決算は、リス トラ費用や、工業用ロボットとエネルギー関連機器の販売減が響き、前年同期 比で17%の減益となった。

純利益は1億1400万ドルと、前年同期の1億3800万ドルを下回った。ア ナリストの事前予想では5200万ドルの利益が見込まれていた。売上高は前年同 期比4%減の51億5000万ドル、受注は同19%減の55億2000万ドル。

ABBは景気減速による受注の落ち込みに対応して1万2000人(従業員全 体の8%)の人員削減計画を推進中で、これに伴い第1四半期に5500万ドルの リストラ関連費用を計上した。

チューリヒ John Miller、 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo、 --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE