米アプライド・マイクロ1-3月期:75%減収も、経費削減で赤字縮小

光 ファイバー通信用半導体メーカーの米アプライド・マイクロ・サーキッツが23 日発表した第4四半期(1-3月)決算は75%減収ながら、営業経費削減が奏 効し、赤字幅が縮小した。

1株当たり損失は30セントと、前年同期の65セントから縮小。売上高は 3010万ドル(前年同期は1億2110万ドル)と、リッキー最高経営責任者(CE O)の1月時点での見通しとほぼ一致した。営業経費は前年同期比60%減の1 億1010万ドルだった。

買収関連経費を除いた損失は1750万ドル(1株当たり6セント)。前年同 期は2830万ドル(同9セント)の黒字だった。調査会社トムソン・ファイナン シャル・ファースト・コールがまとめたアナリストの予想平均では1株当たり 6セントの赤字、売上高3140万ドルが見込まれていた。

同社株の23日終値は、37セント(4.9%)安の7.14ドル。決算は通常取引 終了後に発表され、時間外取引では7.09ドルまで下落した。

サンフランシスコ Scott Lanman 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

参考画面: アプライド・マイクロの株価とS&P500種株価指数

{AMCC US <Equity> COMP SPX

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE