米経済ニュースサマリー:カルパイン、SEC、ロッキードほか

米金融経済、企業動向に主な関する ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎ノーテル

北米2位の通信機器メーカー、加ノーテル・ネットワークスのダン最高経 営責任者(CEO)は23日、追加的な人員削減や事業売却を行うことなく、こ とし10-12月期までに収支とんとんは達成可能との見通しを示した。

--------------------------------------------------------------------- ◎カルパイン

米発電大手のカルパインは23日、第1四半期(1-3月)の1株当たり約 25セントの赤字となったとの暫定集計を発表した。同社はまた、最大6000万株 の新株を発行し、債務返済や日常業務に充てる資金を調達することを明らかに した。

--------------------------------------------------------------------- ◎SEC

米証券取引委員会(SEC)のマコーネル事務局長は23日、上院小委員会 で、SECの予算上積みが認められない場合、SECは職員700人の解雇か、 賃金引き下げかの選択を迫られる可能性があると証言した。

--------------------------------------------------------------------- ◎米航空業界

米運輸省は23日、米航空業界が昨年1年間で合計7万9000人の人員を削 減したことを明らかにした。従業員全体の11%に相当する。米国内のリセッシ ョン(景気後退)や9月の同時テロによる旅客数減が背景。

--------------------------------------------------------------------- ◎コダック

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、米写真用品 大手イーストマン・コダックの長期債格付けを「A-」から「BBB+」に1 段階引き下げた。シェア争いの激化や、デジタル製品の需要増加を格下げの理 由に挙げている。

--------------------------------------------------------------------- ◎アプライド・マイクロ・サーキッツ

光ファイバー機器用半導体メーカー、米アプライド・マイクロ・サーキッ ツが23日発表し第4四半期(1-3月)決算は、営業費用が減少し、純損失が 9030万ドル(1株あたり30セント)に縮小した。売上高は前年同期比75%減 の3010万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ハーシー・フーズ

米チョコレート最大手、ハーシー・フーズは、新労働協約をめぐる労使交 渉で合意に達することができない場合、2工場の従業員約2800人が26日から スト入りするとの通知を受け取った。

--------------------------------------------------------------------- ◎ジレット

かみそり大手の米ジレットが23日発表した第1四半期(1-3月)決算は、 純利益が2億2300万ドル(1株当たり21セント)と、前年同期に比べ23%増 加した。かみそり製品「マッハ3」の売り上げが予想以上に伸びた。売上高は 同6.8%増の17億3000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎タルボッツ

婦人服小売りチェーン、米タルボッツは23日、商品の定価販売が減少して いることから、第1四半期(2-4月)は減益になるとの従来見通しを据え置 いた。

--------------------------------------------------------------------- ◎デュポン

米化学2位のデュポンが23日発表した第1四半期(1-3月)決算は純利 益が4億7900万ドル(1株当たり48セント)と、前年同期に比べ3.4%減少し た。製品価格の引き下げや、塗料、ファイバー、プラスチック製品の売り上げ 減少が響いた。売上高は同10%減の61億4000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ファルマシア

米製薬会社ファルマシアが23日発表した第1四半期(1-3月)決算は、 コスト減少を支えに88%増益となった。継続事業ベース利益は3億9300万ドル (1株当たり30セント)。一方、睡眠薬「Ambien」の米国販売権を失ったこと や、主力の鎮痛剤「Celebrex」の販売が鈍化したことから、売上高は前年同期 比3%減の31億3000万ドルだった。

--------------------------------------------------------------------- ◎ロッキード・マーチン

防衛最大手の米ロッキード・マーチンが23日発表した第1四半期(1-3 月)決算は、純利益が2億1800万ドル(1株当たり49セント)と、前年同期 に比べ2倍以上増加した。戦闘機や軍用輸送機の販売が伸びた。売上高は同26% 増の59億7000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ペプシコ

清涼飲料2位の米ペプシコが23日発表した第1四半期(1-3月)決算は、 スナック菓子などの売り上げが伸び、純利益は6億5100万ドル(1株当たり36 セント)と前年同期に比べ14%増加した。売上高は同8.5%増の51億ドル。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --* (813) 3201-8867  hshibata@bloomberg.net     Editor:Kobari

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE