米レベル3:1-3月期の赤字縮小-税還付と債務削減が貢献

通 信サービスの米レベル3コミュニケーションズが23日発表した第1四半期(1 -3月)決算は純損益が9000万ドル(1株当たり23セント)の赤字となり、 赤字は前年同期の5億3500万ドル(同1.45ドル)から縮小した。

法人所得税の還付が1億1900万ドルあったことや、債務削減が赤字の縮小 に結び付いた。これらの特殊要因を除くと1株当たりの赤字は87セント。調査 会社トムソン・ファイナンシャル・ファースト・コールのまとめたアナリスト の予想平均は1.12ドルの赤字だった。

売上高は3億8600万ドルで、前年同期の4億4800万ドルから14%減少し た。

第2四半期(4-6月)については、1株当たりの赤字が70セント、売上 高は5億6000万ドルになる見通しだとしている。1株当たり損益見通しには、 コモンウェルス・テレフォン・エンタープライゼズの株式売却で得る1株当た り26セントの特別収入を含まれる。

23日のレベル3の株価終値は前日比6セント(1.3%)高の4.55ドル。過 去1年の下落率は68%。

プリンストン Holly Sanders、 東京  田渕 実穂 Miho Tabuchi、 --* (03)3201-8473 mtabuchi@bloomberg.net   Editor:Kobari

企業別ニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE