石油情報センター:4月レギュラーガソリン98円-1年半ぶり上昇

財団法人・日本エネルギー経済研究所 の石油情報センターが23日発表した石油製品市況調査によると、4月(10日現 在)のレギュラーガソリン店頭小売価格(1リットル当たりの一般客向けSS 現金価格、全国平均)は98円で、前月に比べ1円上昇した。ガソリン価格が上 昇に転したのは2000年10月以来、1年半ぶり。

同センターの調べによると、ガソリンの原料となるドバイ原油価格(1リ ットル当たり)は、昨年12月の13円70銭から上昇に転じ、4月は前月比3円 10銭高の16円10銭を付け、最近の4カ月で5円40銭分の上昇となった。

これに対し、景気悪化の影響によりガソリン価格は3月に97円まで下落。 4月は前月比1円の上昇となったものの、これまでの原油価格の上昇分を転嫁 できていないことから「今後も上昇する可能性は高い」(若林俊一郎理事)とみ ている。

地域別でみると、値上がりした地域は北海道や香川県など16都道府県に対 し、値下がりした地域は岩手県や宮城県など10県。また、横ばいが21府県と なった。

東京 浅野 文重 Fumishige Asano --*03-3201-7137 fasano@Bloomberg.net Editor:Abe

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE