米国株【個別銘柄】:ワールドコム、エリクソン、ルーセント、アルテラ

22日の主な銘柄は以下の通り。

ワールドコム(WCOM):1.97ドル(33%)安の4.01ドル。長距離電話の ワールドコムは、顧客によるデータやインターネット関連サービス支出抑制を理 由に、2002年売上高見通しを210億ドル-215億ドルと、従来予想の222億ドル -226億ドルから下方修正した。同業のAT&T(T)は75セント(5.2%)安 の13.75ドル。

エリクソン(ERICY):ADR(シリーズB株1株に相当)は80セント (23%)安の2.74ドル。スウェーデンの携帯電話機器メーカー、エリクソンは、 2年連続の赤字決算見通しを示すとともに、2割の人員削減計画を明らかにした。 さらに、29億ドル(約3800億円)相当の株主割当増資を行う考えも明らかにし た。

ルーセント・テクノロジー(LU):20セント(4.7%)高の4.49ドル。通 信機器メーカーのルーセント・テクノロジーの第2四半期(1-3月)決算は、 人員削減による経費抑制が奏功し、赤字幅が縮小した。

マイクロソフト(MSFT):1.61ドル(2.8%)安の55.59ドル。任天堂は、 パソコンソフト最大手マイクロソフトが家庭用ゲーム機「Xbox」を値下げし たのに対抗し、競合製品のゲームキューブの欧州価格を引き下げた。

AOLタイム・ワーナー(AOL):1.06ドル(5.1%)安の19.87ドル。米 紙ウォールストリート・ジャーナルによると、アナリストの間では、メディア・ インターネット接続最大手のAOL・タイム・ワーナーは株式時価総額のてこ入 れするため、アメリカ・オンライン(AOL)部門をスピンオフ(分離・独立) すべきだとみられている。タイム・ワーナー部門の株価は16ドル-20ドル相当 となる一方、AOL部門単独の価値は最高8ドルとなる見込み。

コーニング(GLW):終値は7ドル。時間外取引では一時5.30ドルに下落。 光ファイバー・ケーブルのコーニングが22日の取引終了後に発表した第1四半期 (1-3月)決算は、売上高の落ち込みが響き、1株当たり10セントの損失とな った。前年同期は同14セントの黒字。

シェーリング・プラウ(SGP):終値は29.70ドル。時間外取引では一時

31.72ドルに上昇。製薬大手のシェーリング・プラウは、慢性じんましんの治療 用に同社のアレルギー治療薬「Claritin」を処方せんなしで販売する計 画について、米政府当局の諮問委員会から支持を獲得した。米食品医薬品局(F DA)がこの諮問委の勧告を受け入れれば、同薬は初めてじんましん治療用で処 方せんなしの販売が認可される薬品となる。

アルテラ(ALTR):終値は75セント安の21.65ドル。プログラマブル論 理回路(PLD)メーカー、アルテラが22日の取引終了後に発表した第1四半期 (1-3月)決算は、1株利益が5セントとなり、前年同期の同18セントから減 少した。売上高は40%減。

エレクトロニック・データ・システムズ(EDS):終値は1.90ドル安の51.30 ドル。コンピューター・サービス大手のエレクトロニック・データ・システムズ (EDS)が22日の取引終了後に発表した第1四半期(1-3月)決算によると、 売上高は53億4000万ドルとなり、調査会社トムソン・ファイナンシャル・ファ ースト・コールがまとめたアナリスト予想平均の57億ドルを下回った。顧客の契 約締結の遅れが響いた。1株利益は72セントと、前年同期の98セントを下回っ た。

サンフランシスコ Samantha Zee  ほか ロサンザルス  Edvard Pettersson、 東京 守護 清恵    Kiyoe Shugo、 --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net    Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE