コンビニの3月既存店売上高は前年比0.4%減-9カ月連続マイナス

日本フランチャイズチェーン(FC) 協会が22日発表した2002年3月のコンビニエンスストアの既存店売上高は、 前年同月比0.4%減となり、9カ月連続で前年実績を下回った。例年より桜の開 花時期が早かったことを受けて行楽需要が盛り上がったが、顧客1人あたりの 買い上げ単価(客単価)が下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。