米KLAテンコア1-3月期:半導体需要鈍化で75%減益、受注不振

世界最 大の半導体検査機器メーカー、米KLAテンコアが18日発表した第3四半期(1 -3月)決算は、前年同期比75%減益となった。今四半期(4-6月)の受注 がアナリスト予想の半分の伸びにとどまる見通しも明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。