奥田自工会会長:自動車受注おもわしくない-景気底打ちに楽観できず

東京 4月18日(ブルームバーグ):日本自動車工業会(自工会)の奥田碩 会長(トヨタ自動車会長、日経連会長)は18日の定例会見で、「トヨタの受注 はおもわしくない」と述べ、景気が底打ちしたとしても楽観的な見方は出来な いとの考えを示した。

また、今後の自動車業界の動向について、「世界的に大きな再編は終わっ た。残された各社が独立してどれだけ成長できるか(が重要)」と述べたうえ で、生き残るための条件として「安全と環境に加え、新技術によって世界の自 動車業界をリードしていくこと」と指摘した。

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki --* (03)3201-7297 isuzuki@bloomberg.net Editor:Murotani

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE