石連会長:原油価格は20-25ドル、20ドル以上はプレミアム発生

石油連盟の岡部敬一郎会長(コスモ石 油会長兼社長)は17日午後の定例記者会で、4-6月の原油相場の見通しに関 し「(バスケット価格で)1バレル当たり20ドルから25ドルの範囲内で、でき るだけ20ドルに近い水準が望ましい」と述べた。さらに、20ドルを上回る水準 は「(有力産油国である)ベネズエラとイラク情勢の影響」とし、プレミアム(価 格上乗せ分)が発生しているとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。