米デュポン:除草剤で農作物に被害と農民ら100人が提訴-AP

AP通信が16 日伝えたところによると、化学大手、米デュポン製の除草剤が農産物に被害を 与えたとして、アイダホ州の農民・農場主100人余りが同社を相手取って訴え を起こした。

原告側によると、除草剤の影響で2000年から2001年にかけてジャガイモ やサトウダイコン、穀物など農作物の収穫が不調で、一部の農民は債務不履行、 または破産に近い状況に追い込まれた。除草剤は米内務省土地管理部が1999- 2000年に散布した牧草地から風で運ばれてきたとし、11郡で延べ10万エーカ ー(約4万ヘクタール)余りに被害が出たという。

デュポンはAP通信に対し、訴えを調査していると述べた。

サンフランシスコ Vivien Lou Chen、 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi、 --* (03)3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE