米経済ニュースサマリー:ウォルマート、ハンドスプリングほか

米金融経済、企業動向に主な関する ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎ウォルマート

小売業最大手、米ウォルマート・ストアーズのスコット最高経営責任者(C EO)の昨年度報酬が、前年比27%増の2170万ドル(約28億6700万円)だっ たことが、同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で15日までに分 かった。同社の株価上昇や増益が評価された。

--------------------------------------------------------------------- ◎ハンドスプリング

携帯情報端末(PDA)大手の米ハンドスプリングが15日発表した第3四 半期(1-3月)決算は赤字幅が縮小。売上高が大幅に減少したものの、経費 削減が進んだことで、純損失は2370億ドル(1株当たり18セント)と、前年 同期の2720万ドル(1株当たり26セント)を下回った。売上高は同52%減の 5970万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎AT&T、ベライゾン

調査会社RHKは15日、米AT&Tやベライゾン・コミュニケーションズ など通信およびインターネット・サービス会社は、キャッシュフロー(現金収 支)を改善させるため、ことしの設備投資額を前年比で最大40%縮小するとの 見通しを発表した。

--------------------------------------------------------------------- ◎JCペニー

百貨店大手、米J.C.ペニーが15日までに発表した年次報告書によると、 同社は過去2年間で店舗閉鎖や仕入れの中央集権化を進め、従業員全体の14% に当たる約4万1000人を削減した。

--------------------------------------------------------------------- ◎モルタン・スタンレー、リーマン、ドイツ銀証券

昨年9月に連邦破産法の適用を申請した米インターネット・コンサルティ ング会社ブレーカウェイ・ソリューションズは今月2日、モルガン・スタンレ ー、リーマン・ブラザーズ、ドイツ銀証券の3社を相手取り、集団訴訟の扱い を求める訴えを米デラウェア州裁判所に起こした。同社の新規株式公開(IP O)に絡み、不当な利益を上げた疑いがあるとしている。

--------------------------------------------------------------------- ◎メリルリンチ

米大手証券メリルリンチが15日ブルームバーグ・ニュースに電子メールで 送付した声明によると、同社は、英エナージスや仏コンプリーテル・ヨーロッ パなど欧州の一部通信・インターネット会社の調査・分析を打ち切る方針。

--------------------------------------------------------------------- ◎フォード、ブリヂストン

米フォード・モーターとブリヂストン・ファイアストンは17日の連邦控訴 審で、ファイアストン製の欠陥タイヤを装着したフォード車による横転事故を めぐる裁判について、集団訴訟扱いを決めた11月の判決を覆すよう求める見込 み。

--------------------------------------------------------------------- ◎フィリップ・モリス、RJレイノルズ

フィリップ・モリスやR.J.レイノルズなど米たばこ会社は15日、たば この健康被害訴訟で1998年に成立した州政府との和解に基づき、合計50億ド ルの賠償金(約6600億円)を支払う。

--------------------------------------------------------------------- ◎ファニー・メイ

米ファニー・メイ(連邦住宅抵当金庫)が15日発表した第1四半期(1- 3月)決算は、23%増益。住宅ローン金利が30年ぶりの低水準で推移するなか、 消費者の住宅購入や借り換え需要がおう盛だった。実質ベース純利益は前年同 期比23%増の15億2000万ドル(1株当たり1.48ドル)となった。

--------------------------------------------------------------------- ◎イーライ・リリー

医薬品大手、米イーライ・リリーが15日発表した第1四半期(1-3月) 決算は、22%減益。主力の抗うつ剤「プロザック」のシェアが、昨年8月に発 売されたジェネリック(後発薬)に奪われた。純利益は6億2920万ドル(1株 当たり58セント)。売上高は同8.7%減の25億6000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎オラクル

データベースソフト最大手の米オラクルは15日、2001年6月-2002年2 月の全売上高の7.6%に当たる5億2200万ドルは、外部の金融機関を使って、 分割収入を一括計上したものであることを明らかにした。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 Editor:Kobari --* (813) 3201-8867

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE