米国株【個別銘柄】:GE、IBM、ヤフー、AT&T、ジュニパー

11日の主な銘柄は以下の通り。

AT&T(T):1.15ドル(8%)安の13.27ドル。ニューヨーク市当局者 は監督当局あての書簡で、長距離電話のAT&Tがケーブルテレビ(CATV)部 門をコムキャスト(CMCSK)と統合後に経営する案は、証券法に違反すると みられると指摘した。

ゼネラル・エレクトリック(GE):3.45ドル(9.3%)安の33.75ドル。総 合電機のゼネラル・エレクトリック(GE)の1-3月決算は、1994年10-12月以 来の減益となった。一部の買収資産の価値減少が響いた。売上高は横ばい。

ヤフー(YHOO):2.99ドル(16%)安の15.45ドル。インターネット検 索最大手のヤフーが10日の取引終了後に発表した第1四半期(1-3月)決算は、 1株当たり9セントの損失となり、前年同期の2セントの損失に比べて赤字が拡 大した。同社は、バナー広告やマーケティング・サービス関連の収入が減少した ことも明らかにした。インターネット広告サービスのダブルクリック(DCLK) はつれ安となり、1.18ドル(11%)安の9.98ドルに下落した。

アデルフィア・コミュニケーションズ(ADLAC):1.89ドル(19%)安 の8.01ドル。米紙ウォールストリート・ジャーナルはコラム「ハード・オン・ザ・ ストリート」で、アデルフィア・コミュニケーションズが、債務隠しと財務内容 の水増しのための会計手法を使うケーブルテレビ(CATV)会社の一角だと指摘 した。

ジェネンテック(DNA):5.37ドル(12%)安の37.75ドル。バイオテク ノロジー会社ジェネンテックが実験している抗がん剤「Avastin」の安全 性と米当局認可の見通しを懸念する研究が発表された。

SBCコミュニケーションズ(SBC):1.90ドル(5.3%)安の33.75ドル。 ドレスナー・クラインオート・ワッサースタインのアナリスト、ロバーツ氏は、 地域電話のSBCコミュニケーションズの1株利益予想について、2002年を2.48 ドルから2.41ドルに、2003年を2.74ドルから2.64ドルにそれぞれ下方修正し た。

メリルリンチ(MER):4.02ドル(7.9%)安の46.90ドル。ニューヨーク 州の司法当局が、アナリストの利益相反問題に関する調査対象を証券大手メリル リンチ以外にも拡大しているとの報道を受け、証券株が軒並み下落した。モルガ ン・スタンレー・ディーン・ウィッター(MWD)、ゴールドマン・サックス・グ ループ(GS)も安い。

タイコ・インターナショナル(TYC):2.24ドル(7.2%)安の29.05ドル。 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、複合製造業のタイコ・インター ナショナルによるプラスティック部門の売却は、買収側が同部門の財務諸表の監 査結果が出るのを待つ姿勢であるため、遅れる見通しだ。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) :2.08ドル(4.7%)安の41.82 ドル。メリルリンチのアナリスト、クイントン氏は、地域電話最大手のベライゾ ン・コミュニケーションズの2002年と2003年の利益予想を下方修正した。

IBM(IBM):4.82ドル(5.4%)安の84.19ドル。ニューズレター 「SECインサイト」は、米証券取引委員会(SEC)がコンピューター大手IB Mについて予備調査を進めていると指摘した。ただ、SECが通常取引終了後に、 IBMの調査を何の処分も行わないまま終了したことを明らかにしたため、時間 外取引では一時88ドルに上昇した。

ジュニパー・ネットワークス(JNPR):終値は10.34ドル。時間外取引で は一時9.80ドルに下落。ネットワーク機器のジュニパー・ネットワークスの第1 四半期売上高は1億2220万ドルとなり、前年同期の3億3210万ドルから大きく 落ち込んだ。

プリンストン J.Kyle Foster、 ロサンザルス  Edvard Pettersson、 東京 守護 清恵    Kiyoe Shugo、 --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net    Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE