米国株時間外取引:コグノス急落、ヤフーも安い-指数先物は小動き

10日の米株式市場の時間外 取引では、2003年度の利益予想を下方修正したカナダ最大のソフトウエア会社 コグノスの下げが目立つ。株価は第4四半期(12-2月)利益がアナリスト予 想を上回ったことを材料に一時28.30ドルに上昇。しかしその後、予想を下回 る2003年度利益見通しを示したのが嫌気され、ニューヨーク時間午後4時(日 本時間11日午前5時)の終値に比べ12%安の23ドルに下落した。

インターネット検索最大手ヤフーは47セント安の17.97ドル。売買高は240 万株と時間外取引首位。同社の第1四半期(1-3月)決算は、会計基準変更 に伴う資産償却コストが響き、赤字が拡大した。

市場全般では小動きの銘柄が多く、ナスダック100種指数は通常取引終値 に比べ0.60ポイント(0.04%)安の1362.69ポイント。時間外取引の売買高は 約4400万株(ナスダック調べ)。出来高上位10銘柄のうち、値上がりは6銘柄、 値下がりは2銘柄、変わらずは2銘柄。

指数先物も小動き。ナスダック100種指数先物(6月限)は0.50ポイント 高の1366.00。S&P500種株価指数先物(同)は0.50ドル高の1132.50ドル。

個別では、通信機器メーカーのレッドバック・ネットワークスが急伸。第 人員整理や経費削減が奏功し、1四半期の損失が縮小したのが好感され、株価 は7%高の2.77ドルに上昇した。

サンフランシスコ  William Selway、 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo、 --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE