米国株【個別銘柄】:シスコ、コダック、石油、ワールドコム、ダウ

9日の主な銘柄は以下の通り。

イーストマン・コダック(EK):1.39ドル(4.5%)高の32.43ドル。ソロ モン・スミス・バーニーのアナリスト、ローゼンワイグ氏は、写真用品最大手イ ーストマン・コダックの投資判断を「中立」から「アウトパフォーム(市場平均 以上)」に引き上げた。

JDAソフトウエア・グループ(JDAS):3.42ドル(12%)高の31.52 ドル。ソフトウエアのJDAソフトウエア・グループは、第1四半期(1-3月) の1株利益が特別支出を除いたベースで19セント-20セントになったとの暫定 集計を発表した。調査会社トムソン・ファイナンシャル・ファースト・コールが まとめたアナリスト予想平均では、1株利益は17セントと見込まれていた。

ワールドコム(WCOM):63セント(10%)安の5.43ドル。カナダの通信 機器メーカー、ノーテル・ネットワークス(NT CN)の第1四半期売上高が半分未 満に落ち込んだことや、地域電話のベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) の25億ドルの償却が前期の利益を相殺したとの発表が嫌気され、長距離電話のワ ールドコムは売り込まれた。ベライゾンは1.51ドル(3.4%)安の42.70ドル。

シスコシステムズ(CSCO):1.36ドル(8.4%)安の14.82ドル。RBC キャピタル・マーケッツのアナリスト、ワドファニ氏は、ネットワーク機器メー カー最大手シスコシステムズの第4四半期(5-7月)売上高予想を49億ドルと、 従来予想の50億ドルから下方修正した。顧客による技術投資の先送りや圧縮が理 由。

クロノス(KRON):10.42ドル(22%)安の36.03ドル。工場労働者の勤 務管理ソフトなどを手掛けるクロノスは、第2四半期(1-3月)1株利益が26 セント-27セントになったとの暫定集計を発表した。ファースト・コールがまと めたアナリスト4人の予想平均は29セントだった。

シトリックス・システムズ(CTXS):1.24ドル(7.6%)安の15.02ドル。 ソフトのシトリックス・システムズは、企業の設備投資縮小が響き、第1四半期 (1-3月)の利益と売上高が予想を下回ったことを明らかにした。

石油株:原油相場が3%近い下げを演じたのを嫌気し、石油株が下落。エク ソン・モービル(XOM)は50セント(1.2%)安の42.74ドル。アナダーコ・ ペトロリアム(APC)は1.02ドル(1.9%)安の54.06ドル。

アボット・ラボラトリーズ(ABT):71セント(1.4%)高の52.66ドル。 医療関連のアボット・ラボラトリーズの第1四半期決算は、エイズ治療薬や甲状 腺治療薬などの売上高が増加したことから、黒字に転換した。

ダウ・ケミカル(DOW):64セント(2.0%)高の32.60ドル。米格付け会 社ムーディーズ・インベスターズ・サービシズは、化学大手のダウ・ケミカルの長 期債格付けを「A1」から「A3」に格下げした。低調な利益見通しやアスベス ト訴訟リスクを格下げの理由と説明した。

プリンストン J.Kyle Foster、 ロサンザルス  Edvard Pettersson、 東京 守護 清恵    Kiyoe Shugo、 --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net    Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE