米エンロン訴訟:原告が訴訟対象拡大へ-シティ、JPモルガンなど

米エネルギ ー卸売会社エンロンの破たんによって被った損害の賠償を求めて同社株主が起 こしている裁判で、原告側は8日、シティグループ、J.P.モルガン・チェ ース、クレディ・スイス、メリルリンチなど9社を新たに提訴する方針だ。

変更を加えた訴状は8日、ヒューストン連邦地裁に提出される。エンロン の元従業員の原告団も、同様の訴状を提出する予定。

訴状では、金融機関はエンロンの利益と債務について誤解を招く声明を作 成し、偽りの利益と取引で作り上げた「巨大な幻想」で株主を欺いたと、その 責任を追及している。

世界有数の金融機関が被告に加えられることで訴訟は新しい展開を迎える が、法律専門家は、金融機関の責任を立証して、原告側が何十億ドルもの損害 賠償を勝ち取るのは容易ではないと指摘する。

この日の訴状で被告として追加された企業はいずれも不正行為を認めてお らず、大半は訴訟についてコメントしていない。

今回新たに提訴された金融機関は上記4社に加え、バンク・オブ・アメリ カ、バークレイズ銀行、ドイツ銀行、リーマン・ブラザーズ、カナディアン・ インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)。加えて、ビンソン・アン ド・エルキンス(エンロンの元法律顧問)とカークランド・アンド・エリスの 両法律事務所。

ニューヨーク Patrick Oster、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE