米フィリップ・モリス:たばこ訴訟で控訴-3億ドルの賠償に不服

たばこ大手の米フィリップ・ モリスは4日、5人の喫煙者の死亡または病気に対する賠償金として3億ドル (約400億円)余りを支払うように命じた西海岸各州裁判所の陪審の評決を不 服として控訴した。

同社は、裁判官の判断に誤りがあったことと、懲罰的賠償金の額が高過ぎ ることを控訴の理由としている。また、同社の宣伝等が喫煙の(直接の)誘因 となったことは証明されていないと主張している。

スタンフォード大学のラビン教授は「これらの訴訟には固有の要素があり、 控訴審の行方を予測するのは難しい」としたうえで「懲罰的賠償額と損害賠償 額の差が大きいほど、控訴審で慎重に審理される可能性が高い」としている。

ワシントン William McQuillen、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE