マネックス株ストップ高:DLJとの合併報道を好感―ネット首位(2)

ネット証券大手のマネックス証券と同 3位のDLJディレクトSFG証券が合併する方向で検討を開始した、との報 道で、マネックス株価が前日比3000円(10.83%)高のストップ高、30700円で 取引を終了した。合併が実現すればマネックス証のメリットは大きいとの見方 が強い。

INGベアリング証券のアナリスト、ネッド・アコブ氏は「両社が合併す れば、マネックスの幅広い顧客ベースと、信用取引を始めとする機能性の高い DLJのトレーディング・システムが融合される。また、統合により一口座あ たりの営業費用は下がると期待される」と見る。マネックス証は2、3カ月前 から信用取引の検討を行っている。

マネックス証の松本大社長はこの日、ブルームバーグに対し、NHKが先 に報道したDLJ証との合併について「検討はしている」と語った。同時に「M &A(合併・買収)の検討は常に行っているとも付け加えた。DLJ証の国重 惇史社長は「CSFBが持っているDLJ株をソニーが取得することについて は検討されているが何も決まっていない」と述べた。

DLJ証はCSFBが5割、残りの5割を三井住友銀行はじめとした住友 グループが保有している。一方、ソニーはマネックス証券の発行済み株式の

30.8%を保有、筆頭株主となっている。

マネックスの今年2月末の取引口座数は約19万2000とネット証券専業で はトップ。DLJは約12万2000と同3位で、両社が合併すれば31万口座を超 え、2位のイー・トレード証券を大きく引き離し業界トップに踊り出る。

東京 竹内 カンナ Kanna Takeuchi --* (03) 3201-8841 ktakeuchi@bloomberg.net Editor:Kaimai

マネックス証券のニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE