コンテンツにスキップする

米マイクロソフト訴訟:ノベルは見返り条件付きの支援を提案していた

ネットワーク用ソフト大手の 米ノベルのレドベター副社長は28日、パソコンソフト最大手の米マイクロソフ トをめぐる反トラスト法(米独禁法)違反訴訟で証言し、同社が2年前にマイ クロソフトに対し、同社製品の販促に協力することを見返りに、マイクロソフ トが独占的慣行を是正したと反トラスト当局に証言すると提案していたことを 明らかにした。

同副社長は和解案に反対している9州側の証人として出廷したが、マイク ロソフト側の反対尋問を受けて、2000年2月8日に行われた両社の会合で「業 界、特に当社に対する行動を(マイクロソフトが)改めるならば、(独占的慣行 を是正したと)公にする用意がある」と提案したことを認めた。

マイクロソフトは、ノベルやサーバー大手のサン・マイクロシステムズ、 データベースソフト最大手のオラクルなど各社が、9州側に協力することによ って自社の利益を図ろうとしていることを示す構えだ。

ワシントン James Rowley、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE