ナショ住:連結子会社を吸収合併、「パナホーム」に社名変更-10月め

松下グループのナショナル住宅産業 は25日、販売などの連結子会社27社を吸収合併するとともに、社名を「パナ ホーム」に変更すると発表した。10月1日をめどに実施する。これらの経営構 造改革によって、製品開発から施工・サービスに至る一体的な事業運営を行い、 パナホームのブランド力を向上させる。

それによると、コスト構造改革を実施することで2002-03年度の2年間に 160億円のコスト削減を図る一方、リストラ費用として約100億円を見込む。具 体的には、グループ人員の再配置・削減、北海道工場の閉鎖、展示場(現在350 棟)の3割削減、販売原価の削減などを行う。1割程度の人員削減に加え、取 締役数も削減する方針。

この日大阪証券取引所で記者会見した田尻勝彦社長は、ナショ住本体その ものを「メーカー色の強い住宅会社」と表現したうえで、統合によって「本物 の住宅会社となり、新しい事業にも取り組む」ことが可能になるとの考えを示 した。

連結黒字化は03年度にずれ込む-02年度の受注低迷で

また同日発表した2002年3月期業績見通しによると、連結純損益は106億 円の赤字(従来予想は87億円の赤字)に拡大する。早期退職者費用や有価証券 の減損処理、分譲用土地の評価損などで約33億円の特別損失が発生する。

経営構造改革を2002年度に重点的に実施するため、連結黒字化(経常利益 ベース)は当初計画よりも1年間ずれ込み、03年度になる見通し。02年度の受 注高は当初、01年度と同水準を見込んでいたものの、「厳しい販売環境が続い ており、02年度(の受注)は減りそうだ」としている。

ナショナル住宅産業の株価終値は、前週末比10円(1.63%)安の603円。

大阪 藤元 茂 Shigeru Fujimoto --* 06-6222-1961 sfujimoto@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

ナショナル住宅産業 1924 JP <Equity>CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE