ノバルティス、米ブリストル・マイヤーズと合併模索か-アナリスト

アナリストの間では、 欧州3位の製薬会社、スイスのノバルティスが米市場での事業展開拡大を目指 し、同業の米ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(BMS)との合併を模索す る可能性があるとみられている。

BMSは、過去3日間で株価が18%の急落を演じているうえ、一連の研究 開発が不調で業績拡大をけん引する新製品も少ないため、提携先の模索を余儀 なくされるとみられる。20日発表した研究結果では、心臓病治療の新薬「Vanlev」 は低価格の後発医薬品をしのぐことができなかったことが示された。

一方、ノバルティスは合併により、BMSのマーケティング力を得るとと もに心臓病治療とがん治療分野で一段と強みを発揮できる。また、米市場での 競争力を向上させることが可能になるとみられる。

ロンバード・オデエールの薬品アナリスト、クルホフ氏は「適応症の分野 では釣り合うだろう。業界のトップ3に浮上するのは明らかで、ファイザーや グラクソスミスクラインと同じ部類に属するだろう」と指摘した。

チューリヒ Kim Frick 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --*(03)3201-7499 kshugo@bloomberg.net      Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE