米証券ブローカー3人がインサイダー取引で有罪-規模は過去最大級

米証券大手ゴールドマン・ サックスとスイスの大手金融グループ、クレディ・スイス・グループの派遣社 員から入手した企業の合併・買収(M&A)情報を基に株式を売買した証券ブ ローカー3人が、インサイダー取引に関わったとして有罪判決を受けた。米連 邦地検が21日明らかにした。インサイダー取引の規模は過去最大級に上るとし ている。

地検によると、ゴールドマンとクレディ・スイスで派遣社員として働いて いたフリーマン氏が97年から2000年にかけてインターネットにM&A関連の 秘密情報を書き込み、証券ブローカーのコナー、ゴードン、ゲイベルの3氏は この情報を利用して60万ドル(約7900万円)の利益を上げた。フリーマン氏 は30件余りのM&A情報を2社から盗み出しており、同氏の情報により3氏以 外が得た利益は総額で約250万ドル(約3億3000万円)に上るとみられている。

フリーマン氏と同氏から最初に情報を得たクーパー氏は既に有罪を認めて おり、今回有罪が確定した3氏を含め有罪判決は現在までで18件に上っている。

ニューヨーク Christopher Mumma、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net   Editor : Tabuchi

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE