コンテンツにスキップする

米国株時間外取引:パーム7.3%高、GE持ち直す-指数先物小動き

21日の米株式市場の時間外 取引では、携帯情報端末(PDA)メーカーのパームの上げが目立つ。同社の 1-3月期決算は経費削減が奏功して黒字を計上した。株価はニューヨーク時 間午後4時(日本時間22日午前6時)の終値に比べ7.3%高の3.40ドルに上昇。 同業のハンドスプリングもつれ高。

オラクルやゼネラル・エレクトリック(GE)など大型株の一角は堅調。 ナスダック100種指数は通常取引終値に比べ0.7ポイント(0.05%)高の1489.67 ポイント。時間外取引の売買高は約5200万株と、前日の5400万株を下回った (ナスダック調べ)。出来高上位10銘柄のうち、値上がりは6銘柄、値下がり が2銘柄、変わらずは2銘柄。

株価指数先物は小動き。ナスダック100種先物(6月限)は1.00ポイント 安の1493.00。S&P500種先物(同)は0.80ポイント安の1153.50。

個別では、スポーツ用品メーカーのナイキが小安い。第3四半期(12-2 月)の売上高が一部のアナリスト予想を下回ったことから、5%安の60ドルに 下落。GEは20セント高の37.65ドル。ストレージ(外部記憶装置)メーカー のクオンタムは74セント安の7.91ドル。クオンタムは、第4四半期決算がア ナリスト予想に反して赤字になるとの見通しを示した。

サンフランシスコ  William Selway、 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo、 --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE