訂正:金融庁:メリル証など5社に業務改善命令―空売り規制違反(3)

金融庁は20日、メリルリンチ日本証 券など内外の証券会社に対して、空売り規制違反があったとして、「業務改善命 令」を発動した。金融庁は5社に対し、1)内部管理体制の充実・強化、2) 役職員の法令遵守の徹底、3)空売り規制違反の根絶に向けた具体策の策定― ―などを求めた。

メリルリンチ以外の4社は、KBC証券東京支店、岡三証券、クレディ・ スイス・ファースト・ボストン(CSFB)証券東京支店、日本グローバル証 券。うち日本グ社に対しては関東財務局が発動した。

メリルリンチで処分の対象になったのは、1)ポジションの確認不足など 管理態勢の不備による空売り明示を行わない売り付け43件、2)取引所が直近 に公表した価格に満たない価格での空売り3件。

KBCは、1)ポジションの確認不足など管理態勢の不備による空売り明 示を行わない売り付け56件、2)取引所が直近に発表した価格に満たない価格 での空売り8件。岡三は信用取引の証券金融会社への申し込み忘れ30件。

クレディスイスファーストボストンは、1)信用取引の証券金融会社への 申し込み忘れ31件、2)取引所が直近に発表した価格に満たない価格での空売 り5件。日本グローバルは、信用取引の証券金融会社への申し込み忘れ24件。

今回の処分は、金融庁が日本証券業協会を通じ、昨年11月中の取引につい て各社に社内調査を要請、それに対する各社の報告に基づいて行われた。

2月下旬のクレディ・リヨネ証券、ベアー・スターンズ証券、ドイツ証券、 日興ソロモン・スミス・バーニー証券の4社に続く第2弾。今後の処分の見通 しについて、金融庁は、調査は終わっていないところもあり、処分発表が今後 はない、とは言えないとしている。

メリルリンチは書面で、「今回の処分を厳粛に受け止め再発防止と内部管理 態勢の整備に努める」とするコメントを発表した。また、クレディ・スイスも 書面で処分を受け入れ、内部管理態勢の強化し、「再発防止に努める」と述べた。

東京 竹内 カンナ Kanna Takeuchi

平野 和 Kazu Hirano --* (03)3201-8969 ktakeuchi@bloomberg.net Editor:Kaimai

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE