米タイコのCITグループ:CP発行残高を7億ドル未満に圧縮へ

米複合製造業タイコ・イン ターナショナルの金融部門CITグループは19日、銀行融資を利用して、コマ ーシャル・ペーパー(CP)の発行残高を3月末までに7億ドル(約920億円) 未満に圧縮すると発表した。タイコからのスピンオフ(分離・独立)を控え、 トップクラスの信用格付けの回復を目指す。

同社の現在のCP発行残高は8-10億ドル(約1060-1320億円)。同社は 電話会議で、7月に予定されているスピンオフ後は短期資金として現在のほぼ 半分の額を、CPで調達する計画だと明らかにした。CITのギャンパー最高 経営責任者(CEO)は「(現在よりも)少額で十分に操業できる」としたうえ で、「圧縮後のCPによる調達額を上回る銀行融資枠がある」と説明した。

大手格付け会社の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は18日、 スピンオフ後にCITの短期債格付けを引き上げる可能性を示唆。S&Pは2 月4日に、タイコの同格付けを「A-1」から「A-3」に引き下げている。

ニューヨーク Heather Landy、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE