出光興産:ノルウェー領北海の油田で権益15%を取得、来年生産開始

東京 3月20日(ブルームバーグ):国内石油元売り大手の出光興産は20日、 石油開発事業を手掛ける同社グループ企業がノルウェー政府の実施した公開入 札に参加し、同国領北海にある油田で権益15%を落札したと発表した。権益取 得金額は明らかにしていない。

今回落札したのは「フラム油田」で、ノルウェー領ヘルゲン市から北西約 120キロメートル、水深355メートルに位置し、近くにトロールガス田など大規 模な埋蔵量が見込まれる油・ガス田が多く点在しているとされる地域。

ノルウェー政府は2001年3月、フラム油田の開発計画を承認。これを受け、 現在生産に向けた準備作業が進められている。生産開始は2003年、ピーク時 (2004年)の生産量は日量約6万バレルで、出光興産グループの取り分は同約 1万バレルとなる見込み。

フラム油田のオペレーターはノルスク・ヒドロ。また、落札後の権益比率 はノルスクとエクソンモービルが25%、スタットオイルが20%、イデミツペト ロリアムノルゲとガス・デ・フランスが15%ずつ保有する。

東京 浅野 文重 Fumishige Asano --* 03-3201-7137 fasano@Bloomberg.net  Editor:Abe

企業ニュース:JBN18, NI COS, NI KIGYO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE