欧州委:米国からの鉄鋼輸入に15-38%の報復関税を計画-独紙

19日付のド イツ紙ハンデルスブラット(早版)によると、欧州連合(EU)の行政執行機 関である欧州委員会は、米国が鉄鋼製品の輸入制限措置(セーフガード)を発 動した場合、報復として米国からの輸入鉄鋼製品に15-38%の関税を課すこと を計画している。業界関係者の話を基に伝えた。

それによると、欧州委は米国からの鉄鋼輸入を過去3年の第2四半期と第 3四半期の平均水準で凍結し、それ以上の輸入を報復関税の課税対象とする見 通し。報復関税は29日までに適用され、最低でも200日間は実施されるという。

フランクフルト   Rainer Buergin、 東京 田渕 実穂 Miho Tabuchi、 --*(03)3201-8473 mtabuchi@bloomberg.net   Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE