伊エディソン:ユーロジェンの4200億円での買収に合意

イタリア第2の公益企業エディソ ンを中心とする企業連合は17日、同電力大手エネル傘下のユーロジェンを買収 することに合意した。買収価格は現金支払いと債務肩代わりで総額37億ユーロ (約4200億円)に上る。国内の電力の10%を生産する同社を買収することによ り、同市場での生産力増強を目指す。

買収会社エディパワーにはエディソンのほかにスイス最大の電力会社アテ ルとミラノおよびトリノの公営電力会社などが出資している。エネルの声明に よるとエディパワー側は、29億8000万ユーロ(約3400億円)を現金で支払い、 7億2000万ユーロ(約800億円)のユーロジェンの債務を引き継ぐ。

エネルは、競争促進策を取る当局によって、同社の生産施設の4分の1を 3部門に分けて売却する命令を受けている。同社の施設の買収は、イタリア電 力市場への参入の絶好の機会となる。イタリアは欧州一電力価格が高く、今後 年間3%の需要増が見込まれる有望市場とされている。

エプタシムのアナリスト、ジレリ氏は、「発電所を最初から建設するのに比 べて、すぐに生産を開始できることには利点がある」と指摘している。

欧州電力市場では収益力向上を目指して買収合戦が過熱しており、過去1 年に発表された合併・買収(M&A)の総額は620億ドル(約8兆円)に上っ ている。

ミラノ Jim Osborne、 東京 木下 晶代  Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net  Editor : Tabuchi

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE