S&P:静岡銀を格下げ方向へ、百五銀は格下げ―地銀8行見直し(2)

米系格付け会社のスタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は14日、地銀8行の格付けを見直したと発表した。百 五銀行の格付けを引き下げ、静岡銀行、常陽銀行、東邦銀行、肥後銀行の見通 しを「安定的」から「ネガティブ」に変更した。

そのほか、秋田銀行、七十七銀行、八十二銀行の公開情報に基づく格付け (pi格付け)を、業績低下を理由に「Api」から「BBBpi」に引き下 げた。

今回の変更の理由は、長引く経済低迷で、地銀の資産の質と収益性に対す る圧力が高まっているためと説明した。地元貸出先の財務状況が悪化し、担保 価値が引き続き下落する中で、不良資産比率と不良債権処理費用が徐々に増加 してきている。

格付けと見通しの変更は以下の通り。

今回 前回 静岡銀行 A+/ネガティブ/A-1 A+/安定的/A-1 常陽銀行 BBB+/ネガティブ/A-2 BBB+/安定的/A-2 東邦銀行 BBB+/ネガティブ/A-2 BBB+/安定的/A-2 肥後銀行 A-/ネガティブ/A-2 A-/安定的/A-2 百五銀行 A-/安定的/A-2 A/ネガティブ/A-1 秋田銀行 BBBpi Api 七十七銀行 BBBpi Api 八十二銀行 BBBpi Api

東京 伊藤 小巻 Komaki Ito --* 03-3201-8871 kito@bloomberg.net Editor:Kaimai

百五銀行 8368 JP <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE