コンテンツにスキップする

三菱電、東芝:第3世代携帯電話の開発で提携-合弁設立も視野(3)

三菱電機と東芝は13日、第3世代(3 G)携帯電話端末を共同開発することで合意したと発表した。具体的には、複 数の通信方式に対応し方式の異なる地域でも使えるデュアル端末用に、半導体 からアプリケーションソフトウエアまでを含むプラットフォームを開発し、世 界標準化を目指す。

三菱電の谷口一郎社長は、「3G端末を単独で開発し、事業を行うには、多 くの困難が予想される」として、共同開発により、「技術者の確保および技術力 の確立、性能・価格・品質といった製品競争力の強化などの課題を克服するた めに、両社の資源を結集し、開発体制の強化と効率化を行う」と述べた。

4月から技術者を集め、合弁会社の設立も視野に入れた開発体制を整える。 両社の携帯電話部門に加えて、半導体部門も参加し、まず数十人規模で立ち上 げる。2003年末には技術評価機を完成し、2004年春の製品出荷を目指す。共同 開発の成果を受けて、欧州や中国など海外市場での商品展開などについても連 携を検討する。

海外市場では、三菱電が欧州、東芝が米国を中心に事業展開しており、補 完関係にある。ただし、流通網の共通化については、現時点では「時期尚早だ」 (三菱電機の中西道雄常務)として、今後の検討課題だと述べるにとどめた。

ハイテク調査会社・日本ガートナーグループの光山奈保子アナリストは、 「第3世代携帯電話の具体的な(サービス展開)スケジュールが見えているの は日本のみなので、(提携の)効果はすぐに出るものではない」とコメントして いる。

三菱電の株価終値は前日比13円(2.51%)安の505円、東芝は同32円 (5.83%)安の517円。

東京 鈴木恭子 Kyoko Suzuki

竹本能文 Yoshifumi Takemoto

蒲原桂子 Keiko Kambara --*(03)3201-8868 ksuzuki3@bloomberg.net Editor:Okimoto

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE