主要自動車株が下落、外国為替の円高受け収益悪化懸念

自動車株が下落している。外国為替市 場の円高を受けて市場では収益悪化懸念が広がっているようだ。取引開始直後、 トヨタ自動車は前日比100円(2.62%)安の3720円、ホンダは同260円(4.49%) 安の5530円で推移している。

ほかに、日産自動車は同27円(3.12%)安の839円、三菱自動車工業は同 10円(3.26%)安の297円、マツダは同11円(3.48%)安の305円など主要 自動車株は反落している。

8日早朝のドル・円相場は午前8時56分現在、1ドル=127円70-80銭 と、前日の東京市場午後5時時点(129円20-23銭)と比べて約1円50銭の 円高・ドル安水準で推移している。7日のニューヨーク市場では一時126円36 銭までドル安が進んだ。

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue --* (03)3201-7297 teinoue@bloomberg.net Editor:Murotani

業界別ニュース:JBN17

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE