コンテンツにスキップする

米破産裁判所:再建中のKマートに2600億円の融資利用を認可

米連邦破産裁判所は6日、米連邦破 産法11条(会社更生法)の適用を申請して会社再建を進める米ディスカウン ト・チェーン3位のKマートに対し、20億ドル(約2600億円)の融資の利用 を許可した。認められた融資の規模は、会社更生を進める企業としては過去最 大。

同社は会社再建中に25万人余りの従業員と数百の取引先に対する支払い に充てるため、この融資を活用したいと申し出ていた。融資は、J.P.モル ガン・チェース、フリート・セキュリティーズを中心とする銀行団が提供する ことが決まっている。

Kマートは同日、2100店舗のうち不採算店の一部を閉鎖する許可も裁判所 に求める方針だ。アナリストの間では、閉鎖される店舗は数百に上るとみられ ている。

同社の6日の株価は前日比1セント(0.9%)高の1.10ドルで終了。

シカゴ Jeff St.Onge 、 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi --* (03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Ozawa

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE